脱毛サロンで埋もれ毛を引き起こす可能性は?    




「埋もれ毛」とはムダ毛処理後に皮膚の中で毛が再度生えてしまった状態を言います。


ムダ毛を毛抜きやカミソリで自己処理した時に起こりやすい肌トラブルの1つであり、自己処理の際に肌が傷ついて毛穴がかさぶたで塞がって新しい毛が皮膚の外に出ないなど様々な要因が考えられます。


肌がブツブツしたり、最悪の場合は手術で皮膚を切開して毛を摂り出す必要もあります。
脱毛サロンで埋もれ毛になる可能性はほとんどないと言われています。


むしろ自己処理で埋もれ毛になってしまった人が脱毛サロンで脱毛したことにより治ったという話もあるほどです。
それでも万が一なってしまった場合にすぐに対応できるように医療機関と提携した脱毛サロンを選ぶのもよいかもしれません。


 

ムダ毛処理でのお肌のトラブル    




ムダ毛の処理は女性には欠かせない身だしなみとなっていますが、肌荒れなど肌への影響が多くあります。
カミソリなどで剃ると肌をきずつけてしまいますし、抜くと毛穴が広がってしまいます。


このようなこともあり、脱毛サロンに通う人は多くいると思います。

しかし、その効果のほどは人によって異なります。


脱毛サロンでのレーザーは肌への悪影響が少ないことがほとんどですが、人によっては肌にトラブルが生じることもあります。
また、実際に生えている毛への処理なので、埋もれ毛への効果はありません。


埋もれ毛の処理をしたい場合には、肌を柔らかくし、代謝をよくして毛が表皮に出てくるようにしなくてはいけません。